映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『響 HIBIKI』興行収入の最新は?  欅坂46の平手友梨奈、北川景子


2018年9月14日公開の『響 HIBIKI』の最新の興行収入は?
平手友梨奈、北川景子、柳楽優弥が出演!

最新の興行収入は?

~10月21日(日)までの累計
(6週目)

興行収入 5億3727万7600円
動員数 41万7409人

※初日は全国 295館で上映


1週目~の推移!

日付と週回数 順位 興行収入 動員数
9月17日(月)まで
(1週目)
6 位 2億1517万1000円 16万8706人
9月24日(月)まで
(2週目)
9位 3億8110万8400円 29万7480人
9月30日(日)まで
(3週目)
12位 4億4432万4200円 34万5447人
10月8日(月)まで
(4週目)
5億0114万9100円 38万9954人
10月14日(日)まで
(5週目)
5億2208万1200円 40万5922人

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→


初日の9月14日(金曜日)ランキング

順位 作品名 販売数 座席数 回数 館数 先週比
1 プーと大人になった僕 44015 445029 1317 246
2 ザ・プレデター 32085 215020 1055 217
3 響-HIBIKI- 25009 293623 1161 228
4 検察側の罪人 16535 144093 805 237 70.1%
5 MEG
ザ・モンスター
16210 139906 815 197 46.5%
順位 作品名 販売数 座席数 回数 館数 先週比

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
※デイリー合計ランキング引用
※初日のみの順位です、土日の合計ランキングと別です。


解説・キャスト

これが映画初出演となる「欅坂46」の平手友梨奈主演で、文芸の世界を舞台に15歳の天才女子高生小説家を主人公にした柳本光晴の人気漫画「響 小説家になる方法」を映画化。

主人公の響役を平手、編集者の花井役を北川景子、響が所属する文芸部の部長で、響の圧倒的な才能との差に苦しむ女子高生・祖父江凛夏役を、8年ぶりの実写映画出演となる「パコと魔法の絵本」のアヤカ・ウィルソンがそれぞれ演じる。

そのほかの共演に高嶋政伸、柳楽優弥ら。監督は「となりの怪物くん」「センセイ君主」の月川翔。


あらすじ

出版不況が叫ばれる文芸界。文芸雑誌「木蓮」編集部に一編の新人賞応募作が届く。

応募要項を一切無視した作品のため、破棄されるはずだったその作品に編集者の花井ふみが目を留めたことから、状況は大きくは変わり始める。

「お伽の庭」と題されたその小説は、15歳の女子高生・鮎喰響によって書かれたものだった。