映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『染谷将太』映画の興行収入ランキングTOP5! ヒット作品!


染谷 将太(そめたに しょうた)主演映画の興行収入をランキング化しました。
※主演作品のみ、興行収入が発表された作品のみです
※2018年2月9日までの数字

『染谷将太』主演映画、興行収入ランキング

順位 興行収入 タイトル 配給会社
1位 20.2億 寄生獣 前編 東宝
2位 15.0億 寄生獣 完結編 東宝
3位 6.9億 WOOD JOB!~神去ななあなあ日常~ 東宝
4位 2.0億 ヒミズ ギャガ
5位 0.8億 みんな!エスパーだよ! ギャガ

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
スポンサーリンク



1~2位は『寄生獣シリーズ』

1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。人体に寄生しながらほかの人間を食らう生物パラサイトたちを相手に、そのうちの1匹を右手に宿した高校生が壮絶な戦いを繰り広げる。

メガホンを取るのは、『永遠の0』などの山崎貴。主演を務める『ヒミズ』などの染谷将太を筆頭に、『悪人』などの深津絵里や橋本愛、東出昌大ら実力派俳優が結集する。VFXを駆使したパラサイトの変形や人間捕食の描写、スリリングな物語に引き込まれる。

3位は『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』


『ウォーターボーイズ』など数々のヒット作を送り出してきた矢口史靖監督が、人気作家・三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を映画化した青春ドラマ。

あるきっかけで山奥の村で林業に従事することになった都会育ちの若者が、先輩の厳しい指導や危険と隣り合わせの過酷な林業の現場に悪戦苦闘しながら、村人たちや自然と触れ合い成長していく姿を描く。

『ヒミズ』などの染谷将太をはじめ、長澤まさみ、伊藤英明、ベテラン柄本明らが共演する。