映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『大泉洋』映画の興行収入ランキングTOP9!


大泉 洋(おおいずみ よう)主演映画の興行収入をランキング化しました。
※主演作品のみ、興行収入が発表された作品のみです
※2018年3月9日までの数字

『大泉洋』主演映画、興行収入ランキング

順位 興行収入 タイトル 配給会社
1位 16.2億 アイアムアヒーロー 東宝
2位 12.2億 探偵はBARにいる1 東映
3位 11.8億 青天の霹靂 東宝
4位 9.5億 駆込み女と駆出し男 松竹
5位 8.9億 探偵はBARにいる2 東映
6位 6.3億 探偵はBARにいる3 東映
7位 5.5億 アフタースクール クロックワークス
8位 3.8億 しあわせのパン クロックワークス
9位 1.4億 ぶどうのなみだ クロックワークス

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
スポンサーリンク



1位は『アイアムアヒーロー 』


「ボーイズ・オン・ザ・ラン」などの花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラー。突如として広まった原因不明の感染によって大パニックが引き起こされる状況で、決死のサバイバルに挑む者たちの姿を映す。

メガホンを取るのは、『GANTZ』シリーズなどの佐藤信介。大泉洋、『女子ーズ』などの有村架純、『モテキ』などの長澤まさみら実力派が出演。

スリルと恐怖が次々と押し寄せる展開はもちろん、鮮烈なビジュアルも見もの。

2位は『探偵はBARにいる1』

大泉洋と『悪夢探偵』シリーズの松田龍平が演じる探偵が、札幌を舞台に危険に巻き込まれるスリリングな犯罪ミステリー。

東直己の小説「バーにかかってきた電話」を基に、テレビドラマ「相棒」シリーズの橋本一がメガホンを取る。

さらには、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの小雪や『釣りバカ日誌』シリーズの西田敏行が共演。大泉と松田コンビの独特の存在感に引き込まれる。