映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『妻ふり』興行収入や動員数は? 榮倉奈々・安田顕


2018年6月8日公開の『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています(妻ふり)』が興行収入や動員数をまとめました
榮倉奈々と安田顕がダブル主演

最新の興行収入は?

~6月17日(日)までの累計
(2週目)

順位 13位
興行収入 1億1754万2100円
(土日 2969万1000円)

※初日は全国 73スクリーンで上映

スポンサーリンク



1週目の興行収入は?

~2018年6月10日までの累計
(1週目)

順位 11位
興行収入 5230万6000円
動員数 3万8573人

※金~日曜日までの3日間の累計です。

解説・キャスト

2010年に「Yahoo!知恵袋」に投稿されて話題を呼び、ボーカロイドの初音ミクでオリジナル楽曲が制作されたほか、コミックエッセイ化など、さまざまなメディアに広がりをみせた、妻の「奇行」についての質問をもとにしたラブコメディ。

榮倉奈々と安田顕がダブル主演で夫婦役を演じ、「デトロイト・メタル・シティ」「神様はバリにいる」の李闘士男監督がメガホンを取る。

上映館数は約73館と少ないので、順位が低くても悪くないと思います

あらすじ

結婚3年目のサラリーマンのじゅんが仕事から帰宅すると、玄関で妻のちえが血を流して倒れていた。じゅんはあわてて介抱するが、血はケチャップで、ちえは死んだふりをしていただけだった。
妻はその理由は言わず、ただ笑うだけ。

それ以来、ワニに食われる、銃で撃たれる、頭に矢が刺さっているなど、毎日のように死んだふりをする妻に、じゅんは呆れながらも徐々に不安を覚えるようになる。