映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『不能犯』の評価、感想、レビュー、松坂桃李ファン向けの映画!

f:id:yamadatakasi:20180202061031j:plain
2018年2月1日 に公開された映画『不能犯』の評価、感想、レビュー!

ネットの評価と自分の感想を含めてまとめます!
※ネタバレ無し

『不能犯』の評価

公開(初日)の各サイトの評価(5点満点)
・ヤフーレビュー:3.28点
・映画ドットコム:2.8点

・個人的な評価
面白いけど、期待して見るとイマイチ!
意外とあっさりした内容!
主役の松坂桃李が好きな人向けの映画!

『不能犯』のレビューと感想

簡単に作品を解説すると・・・

・話は「デス・ノート」に近い
・内容が薄い
・松坂桃李ファン向けの映画

スポンサーリンク



話は「デス・ノート」に近い

あらすじは「デス・ノート」のように知的な主人公・宇相吹が、マインドコントロールで相手に幻想・幻覚を見せて命を奪う映画
プラシーボ効果(思い込み)を利用してターゲットを始末するという新感覚な話!
でも、思ったより新鮮味がなく、期待した割にイマイチ!・・・悲しい

「デス・ノート」や「コードギアス」レベルの作品を期待すると、肩透かしを食うかも
どっちかというと「笑うセールスマン」に近いかも?

内容が薄い

正直、内容が薄く感じました! ストーリーが微妙!
2時間かけてたくさん人が亡くなったのに、結局なに一つ解決してなかった・・・!

それに依頼者の心情が軽すぎて、ちょっと感情移入できない。
話が散漫すぎるんじゃないかな?
話は急いで無理に詰め込んだ感じで、ひねりが少いように思った

もっとネットリ濃い話を期待したのに残念!

松坂桃李ファン向けの映画

基本的に豪華キャストを見に行く映画だと思います

松坂桃李のルックスと雰囲気は、かっこよくてグッド!
つかみどころのない不気味さやサイコパスな感じは凄く良かった
松坂桃李ファンには満足してもらえる映画!

松坂桃李は去年の主演映画「ユリゴコロ」の演技も良かった
「ユリゴコロ」は興行収入は記録的な大コケ(涙)だったけど、評価はとても高い映画なのでもったいない
松坂桃李はこういうダークな映画でこそ輝く俳優さんですね!

他にも間宮祥太朗、沢尻エリカ、芦名星、新田真剣佑などキャストが豪華!
何かと話題の俳優さんがたくさん出てて面白い!
イケメンや美人の俳優さんが揃ってて見た目が嬉しい!

沢尻エリカの演技は・・・

でも、沢尻エリカさんの演技は、ちょっと役に合ってないと思った・・・
ネットを見てると「沢尻エリカの演技が下手過ぎ!魅力がない!」とかボコボコに叩く意見が多いです
※あくまでネットの評価です! 私はそこまで言ってません!

個人的には、沢尻エリカさんの演技が役柄の年齢設定に合ってなくて違和感があると思う
あのルックスで、ベテラン刑事っぽい雰囲気出させるのは無理なんじゃ?

沢尻エリカってもう31歳ですけど、見た目は若々しいですよね~ そういう点が役とあってないんじゃないかな

沢尻エリカが、もう10年歳をとっていたら、役柄にリアリティーが出たと思います