映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『8年越しの花嫁』興行収入27億! 最新ランキングや累計動員数は?



佐藤健、土屋太鳳の映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話 』最新の興行収入データまとめ! 現在の最終興行収入や累計動員数、初動から最新売上までの推移一覧

最新の興行収入は?(現在)

2月12日(月)累計 9週目

興収ランキング 14位
・累計興収 27.5億円

(土日のみ 2388万8300円)
・動員数 215万人

主演の土屋太鳳が前作『トリガール』で大コケしたので、今作の売上も心配されていましたが・・・
しかし、試写会が公開されると口コミの評価が高く、1週目は邦画(実写)ランキング1位スタート!

その後は『鎌倉ものがたり』や『妖怪ウォッチ』と邦画トップを争いました!
2週目はクリスマスでカップルの観客が集まり売上爆発! このまま邦画トップになるか・・・?
と思われたのですが、正月になると『鎌倉ものがたり』の売上が伸びて、惜しくも年末の邦画2位へ!

スポンサーリンク



1週目は?

~12月17日累計
興収ランキング 3位
・累計興収 2億8074万8900円

※先行上映含む
(土日のみ 2億6298万9100円)
・動員数 21万7341人

上映数 (初日) 320スクリーン
公開日 12月16日
(岡山県のみ12月9日先行公開)

1週目のランキング
yamadatakasi.hatenadiary.jp

初日~2日目(土~日曜日)

上映日 順位 販売数 座席数 回数 館数
初日
土曜日
3位 60478 214301 1203 235
2日日
日曜日
3位 71317 211273 1180 235

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』が初日~2日目ともに興行収入ランキング3位でした!

1週目は大ヒット確実の『スター・ウォーズ』『妖怪ウォッチ』の2本で1~2位が確定していたので、3位は立派な結果!
先週1位『仮面ライダー平成ジェネレーション』や先週2位『鎌倉ものがたり』に勝利して邦画(実写)トップ!
土屋太鳳は前回の主演映画『トリガール』で大コケしましたが、今作では大復活しそうです!

ぴあ映画、初日満足度92.5点で第1位(12月16日調べ)

2週目~の推移!

日付と週回数 順位 累計興行収入 累計動員数
12月24日まで
(2週目)
2位 8億4900万円
(土日興収 2億4600万円)
66万8000人
(土日 18万6000人)
12月31日まで
(3週目)
3位 14億円
(土日興収 1億5300万円)
11万7000人
1月9日(火)まで
(4週目)
4位 20億2,233万1,200円
(土日興収 1億4900万5800円)
161万4,379名
1月14月(日)まで
(5週目)
3位 22億2054万4300円
(土日興収 1億1787万2700円)
177万1000人
(土日のみ 9万3000人)
1月21日(日)まで
(6週目)
6位 24億1900万0000円
(土日興収 8769万1300円)
192万9000人
1月28日(日)まで
(7週目)
25億4455万400円 202万7210人
2月4日(日)まで
(8週目)
10位 26億3268万5400円
(土日のみ 3481万9000円)

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→

レビュー

映画内容は、実話をモデルにした感動ストーリー。
原作は岡山県在住の中原尚志さん、麻衣さん夫妻の実話を書籍化した「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)。

あらすじ

尚志(佐藤健)と結婚を約束した麻衣(土屋太鳳)が、結婚式の3カ月前に原因不明の病気で昏睡(こんすい)状態。
麻衣の両親からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めず麻衣のそばで回復を祈り続ける。長い年月が経ち、麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が2人を待ち受ける・・・

原作

中原尚志・麻衣の共著によるノンフィクション書籍、2015年7月1日に主婦の友社より発売

キャストと俳優

中原尚志 - 佐藤健 室田浩輔 - 浜野謙太
中原麻衣 - 土屋太鳳 島尾真美子 - 中村ゆり
中原初美 - 薬師丸ひろ子 和田 - 堀部圭亮
中原浩二 - 杉本哲太 そうめん工場社長 - 古舘寛治
柴田 - 北村一輝