映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

『マスカレード・ホテル』興行収入【最新】ランキング!・推移・現在は? 木村拓哉、長澤まさみ

最新の興行収入は?

~2月17日(日)までの累計
(5週目)

順位 動員4位
興行収入 37億3328万0400円
動員数 289万2132人

※初日は全国332館で上映

2週連続1位でした! 最終興収50億円が見込める興行展開となっている。


1週目~の推移

~1月20日(日)までの累計
(1週目)

順位 1位
(動員&興収1位)
興行収入 約8億円 ※7億9870万8300円と発表
(土日6億3300万円)
動員数 61万4450人
(土日48万4000人)

初日含む3日間累計で動員61万人突破、興収8億円間近です

これは昨年8月より公開され、最終興収約29億円を記録した木村主演「検察側の罪人」の興収比152.2%の成績。
まずは最終興収40億円超えが見込める好調な出足。

~1月27日(日)までの累計
(2週目)

順位 1位
興行収入 約19億円(18億9062万8800円)
(土日4億7800万円)
動員数 約146万人(145万9591人)
(土日35万1000人)

~2月3日(日)までの累計
(3週目)

順位 2位
興行収入 26億円
(土日3億1600万円)
動員数 207万人
(土日23万人)

~2月11日(月)までの累計
(4週目)

順位 3位
興行収入 約33億円
動員数 262万人

1週目の土日興収ランキング
(1月19日~ 20日)

順位 作品名 土日興収 累計興収
1 マスカレード・
ホテル
6億3300万0000円 7億9870万8300円
2 ボヘミアン・
ラプソディ
2億4927万7300円 99億4635万8480円
3 劇場版 Fate /
stay night
[Heaven's Feel] II.
lost butterfly
1億8580万4480円 9億4684万1221円
(文化通信発表累計は99億3341万0180円
4 シュガー・ラッシュ:
オンライン
1億4393万1400円 34億7491万3800円
(文化通信発表累計は34億7333万1800円
5 映画刀剣乱舞 1億8804万0100円
順位 作品名 土日興収 累計興収

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
※土日の興行収入でランキング化しました。動員数ランキングとは別です。

【今週の映画】 興行収入ランキング! ※日曜日に更新! - 映画DONDON!

【2018年】ジャニーズ映画ランキングTOP4!

順位 累計興収 作品名
(ジャニーズ出演者)
年間
ランキング
公開日
1位 92.3億 劇場版コード・ブルー
ドクターヘリ緊急救命
( 山下智久、Hey! Say! JUMP・有岡大貴)
1位 7月27日
2位 29.0億 検察側の罪人
( 木村拓哉、嵐・二宮和也)
18位 8月24日
3位 16.7億 空飛ぶタイヤ
( TOKIO・長瀬智也)
31位 6月15日
4位 13.8億 ラプラスの魔女
( 嵐・櫻井翔)
38位 5月4日
順位 累計興収 作品名
(ジャニーズ出演者)
年間
ランキング
公開日

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→

【2018年】ジャニーズ映画・興行収入ランキングTOP13! - 映画DONDON!

『木村拓哉』映画の興行収入!

順位 興行収入 タイトル 配給会社
1位 196億 ハウルの動く城 東宝
2位 81.5億 HERO (2007年) 東宝
3位 46.7億 HERO (2015年) 東宝

『木村拓哉』映画の興行収入ランキングTOP6! - 映画DONDON!

初日の1月18日(金曜日)ランキング

順位 作品名 販売数 座席数 回数 館数 先週比
1 マスカレード・
ホテル
79516 480891 1411 244
2 刀剣乱舞 38038 135964 496 96
3 ボヘミアン・
ラプソディ
22959 258234 1132 252 73.5%
4 Fate/
stay night
Heavens Feel
第二章
15842 105429 479 105 441.8%
5 ラブライブ!
サンシャイン!!
ザ スクール アイドル
12897 56358 353 106 72.7%
6 TAXi ダイヤモンド・
ミッション
7357 127907 693 138
7 ミスター・ガラス 6914 69221 432 90
8 ユーリ!!!
on ICE
一挙上映 Part.1
6848 24755 139 37
9 シュガー・ラッシュ:
オンライン
5985 162450 922 248 65.0%
10 こんな夜更けに
バナナかよ
愛しき実話
4597 88877 659 241 53.8%
順位 作品名 販売数 座席数 回数 館数 先週比

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
※デイリー合計ランキング引用
※初日のみの順位です、土日の合計ランキングと別です。


解説・キャスト

東野圭吾(ひがしのけいご)のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」を映画化し、木村拓哉(きむらたくや)が初の刑事役に挑んだミステリードラマ。

ヒロインとなるホテルマンの尚美役に長澤まさみ。「HERO」シリーズの鈴木雅之(すずき まさゆき)がメガホンをとり、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚(オカダミチタカ)が脚本を担当。

配給・東宝調べによると、週末の座席予約数から推測(すいそく)すると、興行収入30億円を狙える大ヒットスタート。

あらすじ

都内で3件のさつ人事件が発生した。現場にはいずれも不可解な数字の羅列(られつ)が残されていたことから、連続さつ人事件として捜査が開始される。

警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告(よこく)していること、そしてホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止める。
犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査に乗り出した新田は、教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美と衝突(しょうとつ)を繰り返しながら、事件の真相(しんそう)に近づいていく。

// 目次 表示/非表示ボタン