映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

【2018年度映画】年間ランキングTOP10 、総決算、国内興行成績

2018年の映画、興行成績、年間ランキングTOP10を発表! 

今年はどんな映画が人気だったのでしょうか?

一覧表と作品別の解説!

※2017年12月~2018年11月までの映画を対象

【2018年度映画】年間ランキングトップ10

 
順位 興収
(億円)
タイトル 出演/監督 公開日
1位 92億 劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 山下智久 , 新垣結衣 , 戸田恵梨香
(監督)西浦正記
7月27日
2位 91億 名探偵コナン ゼロの執行人 (声)高山みなみ , 山崎和佳奈 , 上戸彩
(監督)立川譲
4月13日
3位 80億 ジュラシック・ワールド 炎の王国 クリス・プラット , ブライス・ダラス・ハワード
(監督)J・A・バヨナ
7月13日
4位 75億 スター・ウォーズ 最後のジェダイ マーク・ハミル , キャリー・フィッシャー
(監督)ライアン・ジョンソン
12月15日
5位 53億 映画ドラえもん のび太の宝島 (声)水田わさび , 大原めぐみ , 大泉洋
(監督)今井一暁
3月3日
6位 51億 グレイテスト・ショーマン ヒュー・ジャックマン , ザック・エフロン
(監督)マイケル・グレイシー
2月16日
7位 49億 リメンバー・ミー (声)アンソニー・ゴンサレス , (吹替)石橋陽彩 , 藤木直人
(監督)リー・アンクリッチ
3月16日
8位 48億 インクレディブル・ファミリー (声)クレイグ・T・ネルソン , (吹替)三浦友和 , 黒木瞳
(監督)ブラッド・バード
8月1日
9位 46億 ミッション:インポッシブル フォールアウト トム・クルーズ , ヘンリー・カヴィル
(監督)クリストファー・マッカリー
8月3日
10位 45億 万引き家族 リリー・フランキー , 安藤サクラ , 松岡茉優
(監督)是枝裕和
6月8日

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→

※11月21日時点の数字です。

 

第1位 劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

 

www.youtube.com興行収入:92~93億円

第1位は山下智久主演の月9ドラマ原作の映画『劇場版コード・ブルー』

最終興収見込みは92億円以上、実写邦画としては歴代ランキング5位のヒットとなり、実写邦画の興行収入90億円超えは2003年の『踊る大捜査線 THE MOVIE2』以来15年振りの快挙。

フジテレビは『海猿』レベルのヒットを期待していたと思いますが、予想以上の記録的ヒット。

しかし、公開初日に東宝が目標としていた100億円にはあと一歩届かず。

成功の理由は10年間続いたテレビドラマのファンの期待に答えたストーリーをシッカリと描き切った事ですね! 

第2位 名探偵コナン ゼロの執行人

 

www.youtube.com

興行収入:91億円

第2位はゴールデンウィーク映画の定番となった『劇場版名探偵コナン』の最新作

最終興収見込みは91億円とシリーズ初の90億円超えを達成し5作連続興行記録を更新するヒット。

今年度のNo. 1ヒット作品の筆頭候補でしたが、わずかに『劇場版コード・ブルー』には届きませんでした。

登場キャラの安室透が大人気になり「安室の女」という言葉を生み出し大ブーム、テレビで特集され話題でした。

ヒットした理由は「安室を100億の男に!」のかけ声でファンが繰り返し鑑賞した事でしょうか。

 第3位 ジュラシック・ワールド/炎の王国

www.youtube.com興行収入:81億円
第3位は『ジュラシック・ワールド』シリーズの最新作

最終興収見込みは81億円と前作対比で約85%の興収成績となり3部作の2作目としては、期待通りの売上でした。

本作も公開された時は最終興収が100億円超えの声も上がりましたが、夏休みの激戦区では前作を超える売上が出ませんでしたね。

第4位 スター・ウォーズ/最後のジェダイ 

www.youtube.com興行収入:75億円
第4位は『スター・ウォーズ』シリーズ最新作で最終興収予想は75億円と前作対比で約64%の結果と3部作の2作目として少し落ち込みが激しい結果となってしまった。

今年には夏休みに『ハン・ソロ』も公開されましたが、最終興収22億円とシリーズのブランドとして失敗してしまった感じですね・・・

ディズニー版になってから不評が増えたように思いますが、今後はどうなるのでしょうか?

第5位 映画ドラえもんのび太の宝島

 興行収入:53-54億円
第5位は国民的アニメの劇場最新作、シリーズ初の興行収入50億円突破を達成し、歴代最高のヒットを記録。

「ド・ド・ド・ドラーえもん!」とインパクト抜群の主題歌で歌う星野源の曲が大ヒットしたことでも話題となりました。

アニメ映画は全体的に売上が上がっていましたね。