映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『累 かさね』興行収入の最新は? 土屋太鳳、芳根京子、横山裕


2018年9月7日公開の『累 かさね』の最新の興行収入は?
土屋太鳳、芳根京子、横山裕 が出演!

最新の興行収入は?

~10月14日(日)までの累計
(6週目)

興行収入 5億0700万0700円
動員数 38万5400人

※初日は全国 292館で上映


1週目~の推移!

日付と週回数 順位 興行収入 動員数
9月9日(日)まで
(1週目)
9位 1億2490万1600円 9万1342人
9月17日(月)まで
(2週目)
3億2226万6700円 24万4542人
9月24日(月)まで
(3週目)
4億1613万6700円 31万6550人
9月30日(日)まで
(4週目)
4億5423万1600円 34万4993人
10月8日(月)まで
(5週目)
4億9117万1100円 37万3398人

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→


初日の9月7日(金曜日)ランキング

順位 作品名 販売数 座席数 回数 館数 先週比
1 MEG
ザ・モンスター
34852 264098 1052 197
2 検察側の罪人 23603 265130 1023 237 67.1%
3 銀魂2
掟は破るために
こそある
21405 196486 899 245 65.4%
4 アントマン&ワスプ 16276 182675 1096 245 28.3%
5 累-かさね- 14229 259965 1133 227
順位 作品名 販売数 座席数 回数 館数 先週比

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
※デイリー合計ランキング引用
※初日のみの順位です、土日の合計ランキングと別です。

解説・キャスト

キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれた2人の少女を主人公に、美醜をめぐる人間の業を描いた松浦だるまの同名コミックを、土屋太鳳と芳根京子のダブル主演で実写映画化。

ニナ役を土屋、累役を芳根がそれぞれ演じるほか、横山裕、檀れい、浅野忠信らが出演。監督は「キサラギ」「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。

あらすじ

伝説の女優を母に持つ淵累は、天才的な演技力を持ちながら、顔に大きな傷がある自身の容姿に強いコンプレックスを抱きながら生きてきた。

一方、舞台女優の丹沢ニナは美貌に恵まれながらも花開かず、女優として大成することに異常な執念を募らせていた。

累の手元には、その口紅を塗ってキスをすると顔が入れ替わるという、母が遺した1本の不思議な口紅があり、ある日、導かれるように出会った累とニナは、互いの足りない部分を埋めたいという目的のため、口紅の力を使って入れ替わることを決断する。