映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『検察側の罪人』興行収入19億円! 比較と推移! 木村拓哉、二宮和也


2018年8月24日 公開の『検察側の罪人』の興行収入 や動員数をまとめました!
木村拓哉、二宮和也が出演!

最新の興行収入は?

~ 9月9日(日)までの累計
(3週目)

順位 2位
興行収入 19億5403万5900円
(土日 2億0500万0000円)
動員数 155万7283人
(土日 15万3000人)

※初日は全国334館で上映


最近のジャニーズ主演映画と比較!

累計興収 作品名
(俳優名)
公開日
※すべて2017年公開です
9.5億 無限の住人
(SMAP・木村拓哉)
4月29日
11.4億 ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~
(嵐・二宮和也)
11月3日
25.1億 忍びの国
(嵐・大野智、Hey!Say!JUMP・知念侑李)
7月1日
12.8億 ナラタージュ
(嵐・松本潤)
10月7日
10.9億 鋼の錬金術師
(Hey!Say!JUMP・山田涼介)
12月1日

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→

1週目~の推移!

日付と週回数 順位 興行収入 動員数
8月26日(日)まで
(1週目)
1位 5億8063万6800円
(土日4億1600万0000円)
44万6853人
(土日31万8000人)
9月2日(日)まで
(2週目)
1位 14億円
(土日 3億3900万円)
114万人
(土日 28万4000人)

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→

初日のランキング (8月24日)

順位 作品名 販売数 座席数 回数 館数 先週比
1 検察側の罪人 82396 463126 1306 242
2 銀魂2
掟は破るために
こそある
46131 280234 1273 245 31.5%
3 コード・ブルー
-ドクターヘリ
緊急救命-
36821 243263 1281 247 47.8%
4 インクレディブル・
ファミリー
35563 157751 963 245 55.1%
順位 作品名 販売数 座席数 回数 館数 先週比

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
※デイリー合計ランキング引用
※初日のみの順位です、土日の合計ランキングと別です。


解説・キャスト

木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。

「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある事件を巡る2人の検事の対立を描く。

木村がエリート検事の最上、二宮が若手検事の沖野に扮する。

あらすじ

都内で発生した犯人不明の事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。

最上を師と仰ぐ沖野も取り調べに力を入れるが、松倉は否認を続け、手ごたえがない。沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める。