映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

映画『銀魂2 』興行収入28億円! 推移や前作の売上! 小栗旬、菅田将暉、橋本環奈


2018年8月17日(金曜日)公開の『銀魂2 掟は破るためにこそある』の最新売上をまとめました!

最新の興行収入は?

~9月9日(日)までの累計
(4週目)

順位 3位
興行収入 28億3336万3500円
(土日 1億8500万0000円)
動員数 217万7699人
(土日 13万6000人)

※初日は全国345館で上映


前作『銀魂(2017) 』の売上

興行収入 38.4億円
動員数 287万9899人

1週目~の推移!

日付と週回数 順位 興行収入 動員数
8月19日(日)まで
(1週目)
1位 8億円
(土日5億2800万円)
60万人
(土日38万5000人)
8月26日(日)まで
(2週目)
2位 17億4185万7000円
(土日3億7100万0000円)
131万8731人
(土日29万9000人)
9月2日(日)まで
(3週目)
2位 24億円
(土日3億0800万円)
188万人
(土日25万6000)

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→

初日(8月17日)ランキング

順位 作品名 販売数 座席数 回数 館数 先週比
1 銀魂2
掟は破るために
こそある
146648 514262 1551 247
2 コード・ブルー
-ドクターヘリ
緊急救命-
77094 341903 1484 247 86.4%
3 インクレディブル・
ファミリー
64524 241696 1259 246 88.5%
順位 作品名 販売数 座席数 回数 館数 先週比

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
※デイリー合計ランキング引用
※初日のみの順位です、土日の合計ランキングと別です。


解説・キャスト

空知英秋による人気コミックを小栗旬主演&福田雄一監督のタッグで実写映画化し、2017年の邦画実写でナンバーワンの大ヒットを記録した「銀魂」の続編。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたストーリーが展開される。

主人公の坂田銀時を演じる小栗のほか、菅田将暉、橋本環奈ら豪華主要キャストがそろって続投。

あらすじ

金欠で家賃も払えない万事屋の3人は、ついにアルバイトをすることを決意。しかし、バイトに行く先々で天下の将軍様と遭遇する羽目に。同じ頃、内紛に揺れる「真選組」はかつてない危機に見舞われていた。

それはやがて将軍をも巻き込む陰謀へとつながり、江戸中で大騒動が勃発。万事屋と銀時も最大の危機に立ち向かうことになる。