映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

映画『銀魂2』の評価が高い!あらすじ・キャストも好評判!「前作を超える!」


2018年8月17日 公開の映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の評判・感想をまとめてみました!

あらすじ・ストーリーの評価

期待以上だった

待ちに待った銀魂2

冒頭のっけから万屋トークかまされてスタートし前半は将軍関係の笑いのオンパレード

からの後半の真選組のアクションは圧巻で男の自分ですらかっこいいと思った。

前作より断然面白かった

のっけから笑わせてくれます。

朝一で映画館に一人で見に行ったので、遠慮がちの笑いでしたが、家で見てたら爆笑間違いなしです。なんか熱いものも感じたりして。これは常識とか普通とかにとらわれないで、ただ楽しむ映画だと思います。笑いたい泣きたい時はおすすめ。

見事なストーリー

 今回は、原作から爆笑必死の小ネタを集めた「将軍接待編」と真選組が大活躍する原作でも評価が高い人気エピソード「真選組動乱編」を融合させた福田監督脚本の見事なストーリーとなっておりました。

 オープニングからガンガン飛ばしていて、もうアニメを知っている人は絶対笑える絵からスタートして、ワーナーブラザーズのロゴ画面何回出すねん!と突っ込みをいれたいところからスタートして、キャバクラでのエピソードは劇場内で大声で爆笑してしまいました。


キャストの評価

イケメン好きに見る価値

イケメン達の殺陣は見ごたえありました。柳楽さん、吉沢さん、三浦さんカッコいいです。イケメン好きの私にはそれだけで見る価値アリアリです。

アドリブ満載で、笑いをこらえる

福田作品恒例のキャバクラ店長役の佐藤二朗さん。もうアドリブ満載で、笑いをこらえるのが必至のところをそのまま使っているのが、さすが福田監督流!

特に沖田総悟はカッコいい

特に今回は沖田総悟はかなりカッコいい。トッシーのキャラもすごかったけど、真選組メンバー・万事屋メンバーみんなカッコよかったっす。

アクションの見せ方が前作以上にすごくよかったので、期待してもいいと思っています。そして、ギリギリアウトレベルのあのネタあのキャラあのコスプレも登場して、笑いも満載(笑)

新メンバーも好評価

 新メンバーのお登勢さんも伊藤鴨太郎も河上万斉、徳川茂茂将軍に猿飛あやめのキャラがすごくしっかりしていて面白かった~お登勢さん激似(笑)

柳楽さんは本当に幅の広い役者さん

トッシー役の柳楽さんは本当に幅の広い役者さんだなあと感じました。トッシーの時と土方の時、雰囲気が違うのが分かります。
銀さんに感謝を伝えるシーン(?)のあたりが特に好きです。カッコイイです。




原作ファンからの評価

原作ファンも初見の人も楽しめる作品

尺の都合多少改変はあるものの、概ね本筋は原作通り。アニメを意識した演出もありつつ、役者いじりなど実写ならではの楽しみもありつつな良作でした。

原作ではやらないような、「え、そこまで踏み込むの?」っていうパロディもあったりして、お祭り的な雰囲気が楽しかったです。

アニメと違いはあるけど、面白かった。

今回の続編は、上記で記した通り、「真撰組動乱篇」と「将軍接待篇」を組み合わせた内容。
アニメと違いはかなりあるけど、面白かった。

例えば、将軍接待篇のキャバクラシーンで、本来なら桂小太郎はいないんです。九兵衛の代わりかな。キャバクラ店長役の佐藤二朗がとにかく面白いw 何あの独特なセリフ回しwww
他のお客さん笑ってたw

原作に忠実な所はとことん忠実だった!
今年も実写邦画ナンバーワンを是非取ってほしい!