映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

『ブリーチ実写』興行収入【最新】ランキング・推移・現在は? 福士蒼汰・杉咲花・吉沢亮


2018年7月20日公開の実写映画『BLEACH(ブリーチ)』が興行収入や動員数をまとめました
福士蒼汰・杉咲花・吉沢亮が出演!

最新の興行収入は?

~8月12日(日)までの累計
(4週目)

興行収入 4億9305万2600円
(土日1666万3900円)

※初日は全国328 館で上映


1週目~の推移!

日付と週回数 順位 興行収入 動員数
7月22日(日)まで
(1週目)
4位 1億7689万8600円
(土日1億3500万0000円)
13万2525人
(土日9万9000人)
7月29日(日)まで
(2週目)
5位 3億6083万8300円
(土日6419万9600円)
27万4880人
8月5日(日)まで
(3週目)
12位 4億4889万5200円
(土日2345万9400円)

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→


7月20日(金曜日)ランキング

順位 作品名 販売数 座席数 回数 館数 先週比
1 ジュラシック・ワールド/
炎の王国
67559 634219 2990 248 54.2%
2 未来のミライ 47654 582643 1919 245
3 BLEACH 19873 259835 1416 236
4 ポケットモンスター
みんなの物語
17991 281345 1446 242 45.3%

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
※デイリー合計ランキング引用
※初日のみの順位です、土日の合計ランキングと別です。

解説・キャスト

「週刊少年ジャンプ」で連載され、アニメ版も人気を博した久保帯人原作の大ヒットコミック「BLEACH」を、福士蒼汰主演で実写映画化。

死神の少女ルキアを「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、一護のクラスメイトで「滅却師(クインシー)」の生き残りである石田雨竜を「ママレード・ボーイ」の吉沢亮が演じる。監督は「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」の佐藤信介。


あらすじ

幽霊が見えてしまう高校生・黒崎一護は、ある日突然、人の魂を喰らう巨大な悪霊「虚(ホロウ)」に遭遇する。

命を狙われる一護と家族の前に死神を名乗る謎の少女・朽木ルキアが現われ虚に立ち向かうが、重傷を負ってしまう。窮地に追い込まれたルキアは最後の手段として、本来は人間に与えてはならない死神の力の一部を一護に渡す。

それ以来、一護は高校生活を送りながら死神代行として戦いの日々に身を投じていく。