映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

細田 守(映画)興行収入ランキングTOP5! バケモノの子・サマーウォーズ


細田 守(ほそだ まもる)監督映画の興行収入をランキング化しました。
※2018年7月9日までの数字

『細田 守』映画、興行収入ランキング

順位 興行収入 タイトル 公開年
1位 58.5億 バケモノの子 2015年
2位 42.2億円 おおかみこどもの雨と雪 2012年
3位 16.5億 サマーウォーズ 2009年
4位 12.0億 ONE PIECE THE MOVIE
オマツリ男爵と
秘密の島
2005年
5位 2.6億 時をかける少女 2006年

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
スポンサーリンク



1位は『バケモノの子』


人間界とバケモノ界が存在するパラレルワールドを舞台に孤独な少年とバケモノの交流を描くアニメーション。

人間界「渋谷」で一人ぼっちの少年と、バケモノ界「渋天街」で孤独なバケモノ。
本来出会うはずのない彼らが繰り広げる修行と冒険を映す。バケモノと少年の声を役所広司と宮崎あおいが担当するほか、染谷将太や広瀬すずら人気俳優が声優として名を連ねる。
不幸な少年が身勝手なバケモノとの出会いにより成長し、絆を深めていく感動的な物語に期待。
バケモノの子をアマゾンビデオで見る


2位は『おおかみこどもの雨と雪』


ヒロインがおおかみおとこと恋をして結婚し、出産、子育てなどの日々を送る13年間を映し出す。

細田監督と共に脚本を手掛けるのは、『時をかける少女』『サマーウォーズ』でもタッグを組んだ奥寺佐渡子。

キャラクターデザインを『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの貞本義行が担当する。おおかみこどもを育てる母と子の強いきずなに勇気をもらう。
おおかみこどもの雨と雪をアマゾンビデオで見る