映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

「虹色デイズ」 評価、 良い感想・悪いレビュー 実写映画、ネットの反応


2018年7月6日公開の映画「虹色デイズ」の 良い感想・悪いレビューをまとめました!
佐野玲於、中川大志、高杉真宙が出演!

スポンサーリンク



良い評価

青春がギュッと凝縮されてて、
みんな可愛らしかったです。
4人組ひとりひとりの個性が、とても素敵でした。
役どころも、それぞれピッタリです!
笑いあり、胸キュンありで、
憧れのシーンがたくさんありました。

最初から最後まで、楽しめる映画です。

見てるととてもピュアな気持ちになれる作品。
奥手でもなんでもいい信念を貫くのはかなり素晴らしいことと思えます。

あと関係ないけどヒロインの子が個人的めちゃタイプって思って調べたら10年前山田太郎やメイちゃんの執事に子役で出た子と知って自分が年取ったなと痛感させられた。
もう2回は見たい

コメディー要素もありつつ泣ける
面白かったです。

スポンサーリンク



悪い評価

原作漫画ファンの方は、別物だと言う認識で観られることをおすすめ!
(漫画原作の作品が実写化で乖離があるのは承知の上ですが、原作と違うというより別作品という感じでした)

キャラの性格も、誕生日も、ストーリーも、何もかもが原作と違います。
監督が原作を読んでいないのがわかる発言をされていたので、仕方がないと言えば仕方がないのかもしれません。。
キャストは魅力的でしたので、この作品は虹色デイズのオマージュ作品

原作とは180度別物になっているので、原作ファンの方は注意が必要だけど、
キャストのファンはそれぞれキャラが立っててよかったかも。

原作のいろいろなシーンを切り貼りしてるらしく、
ひとつひとつのエピソードが薄いうえに話が変わっていたりとしっちゃかめっちゃか。

なっちゃん以外のメンバーは良いけど、なんの事故が起こったのか理解不能。
戦隊ヒーローの横浜くん、山田くんは、相変わらずかっちょ良かった。

まとめ

ストレートな明るい青春ストーリーが人気でしたね! またキャスト(俳優)のファンからも好評価が多かったです

しかし原作ファンからは評価は賛否両論でした、この映画が制作決定された時に、原作ファンからけっこう叩かれていましたよね・・・
最近はマンガ実写映画というと何でもかんでも叩かれる傾向がありますよね