映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

「パンク侍」 評価、 良い感想・悪いレビュー「難解な作品」


2018年6月30日公開の映画「パンク侍、斬られて候」の評価、感想、評判をまとめました!
綾野剛、北川景子、東出昌大 が出演!

スポンサーリンク



レビューサイトの評価まとめ

映画.com 2.9点
ヤフーレビュー 3.02 点
filmarks 3.3点

次にネットの反応で良い評価や悪い評価をまとめてみました

良い評価

アクション時代劇超大作でありながら、ノンストップコメディ映画でもあり、現実とは?虚構とは?と言う、実に映画的な映画でもありました、とても面白かったです!

好きな人にはたまらんけど、全く興味が無い人にはおもんないかもね。東出君見にいきました。素敵!クドカンにもっといじられて欲しいな!

北川景子さんの美貌に釘付け
演者さん達の振り切りぶりに脱帽
後半の派手なアクションは楽しめた
今日の日本政治に一石を投じてる

スポンサーリンク



悪い評価

意味不明
前評判の良さとクドカンということでちょいと観に行きました。
正直ついていけなかった。
観客を笑わそうと努力は買いますが正直うざいです。
キャストは豪華でしたがただそれだけ。
自分だけが満足して作った観客おいてけぼりです。
とても残念です。

思ったより難解…!
無理やり笑わせせようとする無理な演出目立つ。ストーリーは難解とゆうより何を言いたいのか凡人には判らん。
途中で退席するひと多数。
一体この作品のターゲットは誰?
とにかくひどい出来。

話がぶっ飛びすぎだしまったく意味がわかりません。
ただうるさくめちゃくちゃで、ひたすら作りの雑な映画を観せられた気分です。個人的にはクドカンワールドは好きだし邦画ファンなので、ある程度は許容したいところですが、ちょっとこれはないです。
こういった作品で邦画全体の質が下がってしまうのではととても不安を感じました。

後半からスケールがデカくなり過ぎて内容もぶっ飛ばし過ぎてあれ?と駄作の風が。まるで松本仁志監督作のように収集がつかない感じ。ラストのピストルズは最高。
前半のテンポが良かっただけに映画的には後半の畳み方がもうちょっとあったんじゃ?と思えてならない。原作がそうなら仕方ないのですが乱闘シーンはギャグ系スプラッターにするとか、最後まで切れててほしかった。登場させた人々の終わらせ方が考えがつかないのでCGで誤魔化されたような感じに思えました。

まとめ

俳優の演技やCGや好評価が多かったですねー! 
でも、ストーリーは「意味がわからなかった」「一般受けしにくい難解な作品」という感想が多かったです

「パンク侍」は動画配信で大きく稼いでるドコモのdTVが制作した映画なのですが、
お金があるので大コケを恐れず実験的な映画を作ってきたのかもしれません
冒険的な試みでしたね

あるいは、dTVの宣伝のためにド派手な映画を制作して目立とうと思ったのかも