映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

『羊と鋼の森』興行収入や動員数は? 山崎賢人・鈴木亮平・上白石萌音


2018年6月8日(金曜日)公開の『羊と鋼の森』の興行収入や動員数をまとめました
山崎賢人・鈴木亮平・上白石萌音が出演

最新の興行収入は?

~6月17日までの累計
(2週目)

順位 8位
(動員9位)
興行収入 2億8652万6300円
(土日 5812万5100円)
動員数 23万5042人

※初日は全国 318館で上映

スポンサーリンク



1週目の興行収入は?

~2018年6月10日までの累計
(1週目)

順位 6位
興行収入 1億1712万2700円
動員数 9万3127人

※金~日曜日までの3日間の累計です。

解説・キャスト

ピアノ調律師の青年の成長を描き、2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説を、山崎賢人の主演で映画化。

山崎が主人公・外村に扮し、外村が調律の世界に足を踏み入れるきっかけとなった板鳥を名優・三浦友和が演じる。

また、実の姉妹である上白石萌音と上白石萌歌が姉妹の和音と由仁をそれぞれ演じ、初共演した。 監督は「orange オレンジ」でも山崎とタッグを組んだ橋本光二郎。

あらすじ

将来の夢もなく生きていた外村は、高校でピアノ調律師の板鳥と出会い、板鳥の調律したピアノの音色に魅せられ、その日から自身も調律の世界を目指すことを決意。

専門学校を出て新米調律師として働くようになった外村は、調律師の先輩・柳やピアニストの高校生姉妹・和音と由仁ら、調律を通して知り合う人々とのかかわりによって、調律師として、そしてひとりの人間として成長していく。