映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『生田斗真』映画の興行収入ランキングTOP12!

ジャニーズ 生田 斗真(いくた とうま)主演映画の興行収入をランキング化しました。
※主演作品のみ、興行収入が発表された作品のみです
※2018年1月9日までの数字

『生田斗真』主演映画、興行収入ランキング

順位 興行収入 タイトル 配給会社
1位 25.2億 僕等がいた 前篇 東宝、アスミック・エース
2位 21.9億 土竜の唄 潜入捜査官REIJI 東宝
3位 17.2億 僕等がいた 後篇 東宝、アスミック・エース
4位 14.8億 源氏物語 千年の謎 東宝
5位 14.3億 土竜の唄 香港狂騒曲 東宝
6位 13.1億 予告犯 東宝
7位 12.7億 脳男 東宝
8位 10.2億 グラスホッパー 松竹、角川映画
9位 7.1億 秘密 THE TOP SECRET 松竹
10位 6.8億 先生! 、、、好きになってもいいですか? ワーナー
11位 5.5億 人間失格 角川映画
12位 0.3億 シーサイドモーテル アスミック・エース

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
スポンサーリンク



1位は『僕等がいた 前篇』


累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。主演は生田斗真と吉高由里子。
「ソラニン」の三木孝浩監督がメガホンをとる。クラスの3分の2の女子が一度は好きになる、非の打ちどころのない男子高校生・矢野は、過去に恋人を交通事故で失い心を閉ざしていた。
しかし、明るく前向きで無邪気な七美の存在が次第に矢野の心を開かせていく。
やがて2人はさまざま葛藤(かっとう)を乗り越えて恋を実らせるが……。共演に高岡蒼甫、本仮屋ユイカ。

2位は『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』


監督・三池崇史×脚本・宮藤官九郎×主演・生田斗真で、高橋のぼるの人気コミック「土竜(モグラ)の唄」を映画化。
正義感が強いが童貞で、警察学校では史上最低の成績を残している巡査・菊川玲二は、ある日突然、通称「モグラ」と呼ばれる潜入捜査官になるよう命じられる。
麻薬の密売ルートを暴き、暴力団組織・数寄矢会の轟周宝会長を挙げるため組織へ潜入した玲二は、数寄矢会に渦巻く権力闘争や、日本最大の暴力団・蜂乃巣会との抗争に巻き込まれていく。
堤真一、仲里依紗、山田孝之、岡村隆史、上地雄輔ら豪華俳優陣が、内面も外見も強烈な個性を放つキャラクターを演じます!

スポンサーリンク



3位は『僕等がいた 後篇 』


累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。
東京へ引越した矢野との再会を夢見て大学進学を果たした七美だったが、待っていたのは最愛の人の消息不明という事実だった。
苦渋の決断の末に姿を消した矢野と七美は数年後、思いがけない再会を果たすが……。
生田斗真と吉高由里子がダブル主演する純愛ストーリーの完結編。監督は「ソラニン」の三木孝浩。