映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『孤狼の血』興行収入や動員数は? 役所広司・江口洋介・松坂桃李!


2018年5月12日 公開の『孤狼の血』の興行収入や動員数をまとめました
役所広司、松坂桃李、江口洋介が出演!

最新の興行収入は?

~6月3日(日)までの累計
(4週目)

順位 13位
興行収入 6億7589万3300円
(土日 2741万7100円)
動員数 11万3000人
※1週目の動員数しか発表されてません

※初日は全国 336館で上映

スポンサーリンク



1週目~の推移!

日付と週回数 順位 興行収入 動員数
5月13日まで
(1週目)
3位 1億4700万円 11万3000人
5月20日(日)まで
(2週目)
6位 4億2356万8600円
(土日 9775万6200円)

5月27日(日)まで
(3週目)
11位 5億8366万7900円
(土日 5716万6800円 )
11万3000人
※1週目の動員数しか発表されてません

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→

解説・キャスト

広島の架空都市・呉原を舞台に描き、「警察小説×『仁義なき戦い』」と呼ばれる柚月裕子の小説を役所広司、松坂桃李、江口洋介らの出演で映画化。
ベテランのマル暴刑事・大上役を役所、日岡刑事役を松坂、尾谷組の若頭役を江口が演じる
他に、真木よう子、中村獅童、ピエール瀧、竹野内豊、石橋蓮司ら豪華キャスト陣が集結!
「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌が監督

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原で地場の暴力団・尾谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始める中、加古村組関連の金融会社社員が失踪する。
所轄署に配属となった新人刑事・日岡秀一は、暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事・大上章吾とともに事件の捜査にあたるが、この失踪事件を契機に尾谷組と加古村組の抗争が激化していく。