映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『香取 慎吾』映画の興行収入ランキングTOP7!

元SMAPメンバーの 香取 慎吾(かとり しんご)主演映画の興行収入をランキング化しました。
※主演作品のみ、興行収入が発表された作品のみです
※2018年3月9日までの数字

『香取 慎吾』主演映画・興行収入ランキング

順位 興行収入 タイトル 配給会社
1位 43.7億 西遊記 東宝
2位 19.3億 NIN×NIN
忍者ハットリくん
THE MOVIE
東宝
3位 13.2億 ギャラクシー街道 東宝
4位 11.0億 ジュブナイル 東宝
5位 8.2億 こちら葛飾区
亀有公園前派出所
THE MOVIE
東宝
6位 2.7億 座頭市 THE LAST 東宝
7位 2.5億 LOVE まさお君が行く! 松竹

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
スポンサーリンク



1位は『西遊記』


フジテレビで2006年1月から放送された高視聴率ドラマ「西遊記」の劇場版。
孫悟空役の香取慎吾をはじめ、内村光良、伊藤淳史、深津絵里のレギュラーメンバー、最大の敵・金角と銀角には鹿賀丈史、岸谷五朗ら豪華キャストが集結。

2位は『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』


藤子不二雄Aの人気コミックを実写映画化、現代の東京を舞台に伊賀の里から修行にやって来た忍者の活躍を描いたコメディ。
山深い伊賀の里から現代の江戸へ、最後の修行にやって来た服部カンゾウこと“忍者ハットリくん”。
初めに出会った小学3年生の三葉ケンイチを主に選んだ彼は、「主以外の者には決して姿を見せてはならぬ」と言う掟に従いながら、ちょっとおかしな都会生活をスタートさせる。

3位は『ギャラクシー街道 』


三谷幸喜の映画7作目で、三谷映画としては初めて宇宙が舞台に設定され、全員が宇宙人の登場人物たちによって織りなされるスペースロマンティックコメディ。
綾瀬はるかがヒロインを務めるほか、優香、遠藤憲一、小栗旬、大竹しのぶ、西田敏行ら豪華キャストが集う。
西暦2265年、木星と土星の間に浮かぶスペースコロニーの「うず潮」と地球を結ぶ、スペース幹線道路「ギャラクシー街道」は、老朽化が進んで廃止の噂もささやかれていた・・・