映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『去年の冬、きみと別れ』あらすじ、キャストの過去作 岩田剛典!

2018年3月10日(土曜日)に公開される岩田剛典の主演作『去年の冬、きみと別れ』のあらすじ、キャストをまとめました
出演者の過去作や代表作を紹介します



あらすじ

婚約者との結婚を控え、幸せの只中にいる新進気鋭のライター・耶雲恭介。彼が次の仕事のターゲットとしたのは、連続焼死事件の容疑で逮捕された天才写真家・木原坂雄大でした。
彼は何のために二人の女性を焼き殺したのか?それは本当に彼の仕業だったのか・・・?
事件の真相を追って木原坂や彼の姉、そして謎の人形師などに取材を試みるうち、いつの間にか彼らの術中にはまって抜け出せなくなっていく耶雲・・・
果たして耶雲は、婚約者との元の幸せな日々に戻ることができるのでしょうか・・・?

耶雲恭介(岩田剛典)

連続焼死事件の真相を追う主役のルポライター・耶雲恭介を演じるのは岩田剛典。
三代目J Soul Brothersメンバーで2014年からはEXILEとしても活動しています。

過去の主演映画といえば『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
興収22億円の大ヒット作品でした。がんちゃんファンの皆さんにぜひオススメ。

松田百合子(山本美月)

原作では「雪絵」だった婚約者の名前が、映画では「松田百合子」になりました。

演じるのは高校生から「CanCam」の専属モデルをしていた山本美月。近年は数々の映画やドラマで大役に抜擢されることも多い女優さん。

去年は『ピーチガール』という映画で主演を務めました

木原坂雄大(斎藤工)

自らの写真のモデルを2人も焼き殺すという、あまりに凄惨な事件を引き起こした天才フォトグラファーの心の闇をどのように演じるのか斎藤 工(さいとう たくみ)

斎藤工といえば去年の主演映画『昼顔』(ひるがお)が大ヒット! 上戸彩との激しい不倫ストーリーが話題となりました。

小林良樹(北村一輝)

耶雲に事件の取材を持ちかける編集者に扮するのは、ストイックな役作りで知られる北村一輝
主人公のライターと猟奇事件の犯人を引き合わせるという、物語のきっかけとなる編集者を演じますが、濃厚な存在感を放つ北村一輝が岩田剛典・斎藤工とどう絡んでくるのか、女性ファンにとっては気になるところではないでしょうか。

北村一輝といえば去年の大ヒット映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』に出演しましたよね。 興収27億円超えの感動作!

木原坂朱里(浅見れいな)

斎藤工扮するサイコ殺人犯・木原坂雄大が熱烈に慕う姉の朱里を演じるのは、モデルと女優を両立する浅見れいな。物語の鍵を握る女性に抜擢されました。

スタッフ

監督 - 瀧本智行
原作 - 中村文則 「去年の冬、きみと別れ」(幻冬舎文庫)
脚本 - 大石哲也
音楽 - 上野耕路
主題歌 - m-flo「never」(rhythm zone/LDH MUSIC)