映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『名探偵コナン』歴代、興行収入ランキングTOP21!


劇場版『名探偵コナン』映画シリーズの興行収入のランキングを発表! 
※2018年2月12日までの数字です。

1997年に劇場版第1作目が公開されてから、もう20本以上になるんですね

名探偵コナン歴代ランキング!

順位 累計興行収入 タイトル 公開年
1位 68.9億円 から紅の恋歌(ラブレター) 2017年
2位 63.3億円 純黒の悪夢 2016年
3位 44.8億円 業火の向日葵 2015年
4位 41.1億円 異次元の狙撃手 2014年
5位 35.7億円 絶海の探偵 2013年
6位 35.0億円 漆黒の追跡者 2009年
7位 34.0億円 ベイカー街の亡霊 2002年
8位 32.9億円 11人目のストライカー 2012年
9位 32.0億円 迷宮の十字路 2003年
10位 32.0億円 天空の難破船 2010年
11位 31.5億円 沈黙の15分 2011年
12位 30.3億円 探偵たちの鎮魂歌 2006年
13位 29.0億円 天国へのカウントダウン 2001年
14位 28.0億円 銀翼の奇術師 2004年
15位 26.0億円 世紀末の魔術師 1999年
16位 25.3億円 紺碧の棺 2007年
17位 25.0億円 瞳の中の暗殺者 2000年
18位 24.2億円 戦慄の楽譜 2008年
19位 21.5億円 水平線上の陰謀 2005年
20位 18.5億円 14番目の標的 1998年
21位 11.0億円 時計じかけの摩天楼 1997年

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→

スポンサーリンク



1位は『から紅の恋歌(ラブレター) 』

2017年に公開、テレビ局爆破事件と、百人一首の大会優勝者の殺害事件を追う江戸川コナンや服部平次たちの活躍を描く。工藤新一と毛利蘭の恋模様、原作の今後にも大きく関係していく大岡紅葉の登場が見どころですね。
シリーズ歴代ナンバーワンと言う呼び声も高い人気作、邦画の年間ランキングでは1位でした! 

2位は『純黒の悪夢』


2016年に公開、コナンの体を小さくしてしまった犯罪組織・黒ずくめの組織と、FBIや日本の公安警察、そしてコナンがバトルを繰り広げます。黒ずくめの組織の謎や、物語の鍵を握るオッドアイの美女の存在など怒とうの展開!
前作から20億円近く売上を伸ばして大ヒットしました! 

まとめ

1997年の第1作『時計じかけの摩天楼 』は興収11億円でしたけど、その後は右肩上がりで売上が増加! 2017年公開の『から紅の恋歌(ラブレター)』は邦画の年間ランキング1位へ! 
女性ファンのリピーターが多く、もはや興収的に子供の映画とは言えない感じになってきました、アニメ映画の売上は毎年増加してるので今後も楽しみです!