映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

『今夜、ロマンス劇場で』興行収入は?動員数やランキングの推移

映画『今夜、ロマンス劇場で』の最新(現在)の興行収入! 綾瀬はるかと坂口健太郎が出演のラブストーリー!
※最新の売上が分かり次第、更新します!

最新の興行収入は?(現在)

~3月25日(日)累計  6週目
・累計興収 10億0599万5100円
・動員数 79万5615人

スポンサーリンク



1週目~の推移!

日付と週回数 順位 累計興行収入 累計動員数
2月12日まで
(1週目)
1位 2億4800万円
※3日間累計
(土日興収 1億6600万円)
19万3000人
(土日のみ 12万6000人)
2月19日まで
(2週目)
2位 4億8914万7800円
(土日興収 1億0700万2100円)
38万2656人
(土日のみ 8万1000人)
2月25日まで
(3週目)
3位 7億0135万3300円
(土日興収 8559万2700円)
55万0831人
3月4日(日)まで
(4週目)
9位 8億4308万6100円
(土日興収 5226万1100円)
55万0831人
3月11日(日)まで
(5週目)
13位 9億3704万6800円
(土日興収 2799万7200円)
55万0831人

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→

1週目のランキング

yamadatakasi.hatenadiary.jp

1週目は同週公開の『マンハント(福山雅治主演)』に大きく差を付け、更に2週連続1位の『祈りの幕が下りる時(阿部寛主演)』からトップを奪い1位スタート! 2週目は大ヒット確実のミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』に首位を奪われるも、邦画1位をキープ!

綾瀬はるか映画ランキング

yamadatakasi.hatenadiary.jp
綾瀬はるかの去年の主演作『本能寺ホテル』は最終 10.1億円のヒットでした。

坂口健太郎の前回の主演映画

坂口健太郎の前回の主演映画『君と100回目の恋』2017年2月4日に公開。 興行収入は約5億円でした。

最終予想は?

10~12億円以上は狙えそう!
口コミの評価はとても高いのでロングヒットになりそうです。 公開(初日)の各サイトの評価は「ヤフーレビュー: 4.11 点」「映画.com:3.8点」。 
今後は『グレイテスト・ショーマン』や『空海-KU-KAI-』などの大作映画の登場で、映画館に来るお客さんも増えるので『今夜、ロマンス劇場で』の売上も伸びそうです。
綾瀬はるかは去年の主演映画『本能寺ホテル』が10億円超えでしたが、それを上回る可能性も十分ありそう

大コケか? 大ヒットか?

今の所「中ヒット!
物が売れにくい2月の公開だったのに1週目1.6億円なら好スタート! 2週目も安定して売上を伸ばしていますし10億円超えも狙えそう。 

作品情報

公開日 2018年2月10日 (土曜日)
上映数(初日) 全国 296館
監督  武内英樹 
『今夜、ロマンス劇場で』の動画

レビュー

綾瀬はるかと坂口健太郎が共演し、モノクロ映画の中のヒロインと現実世界の青年が織りなす切ない恋の行方を描いたファンタジックなラブストーリー。「のだめカンタービレ」シリーズの武内英樹が監督、「信長協奏曲」の宇山佳佑が脚本を担当。

あらすじ

映画監督を目指す青年・健司はモノクロ映画のヒロインである美雪に心を奪われ、スクリーンの中の彼女に会うために映画館に通い続けていた。そんなある日、美雪が実体となって健司の前に現われる。モノクロ姿のままの彼女をカラフルな現実世界に案内するうち、健司と美雪は少しずつ惹かれ合っていく。しかし美雪には、人のぬくもりに触れると消えてしまうという秘密があった。

キャストとスタッフ

監督 - 武内英樹 脚本 - 宇山佳佑 音楽 - 住友紀人
美雪 - 綾瀬はるか 俊藤龍之介 - 北村一輝 西岡徳馬
健司 - 坂口健太郎 山中伸太郎 - 中尾明慶 本多正 - 柄本明
成瀬塔子 - 本田翼 吉川天音 - 石橋杏奈 病室の老人 - 加藤剛

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→