興行収入DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

SPONSORED LINKS

【2017年】映画の視聴率ランキング ! ※地上波テレビ放送

2017年にテレビ(地上波)で放送された映画の視聴率ランキング を表にまとめ!

【2017年】地上波放送、映画の視聴率ランキング

順位 視聴率 作品名 放送局 興行収入
1位 19.7%  アナと雪の女王(初)  フジ  興収254億
2位 18.5%  千と千尋の神隠し  日テレ 
3位 15.2%  シン・ゴジラ(初)  テレ朝  興収82億
4位 14.5%  耳をすませば  日テレ
5位 14.4%  天空の城ラピュタ  日テレ
6位 13.5%  相棒ー劇場版Ⅱ-特命係の一番長い夜  テレ朝
7位 13.4%  ジュラシック・ワールド(初)  日テレ  興収95億
8位 12.7%  風の谷のナウシカ  日テレ
9位 12.6%  塔の上のラプンツェル  日テレ
10位 12.6%  相棒ー劇場版ー  テレ朝

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→

スポンサーリンク



1位はアナと雪の女王

日本では2014年3月14日公開、ウォルト・ディズニー製作による2アメリカの3Dアニメ、日本では『アナ雪』の略称で有名

アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、アニー賞の3冠達成
ディズニーアニメとしては、初オスカー、世界興収は10億ドル突破

TV(地上波)では今回、初放送

私も見ましたけど、歌が上手く、CGクオリティも高く、キャラクターが可愛く、作品の出来の良さに圧倒されます
ストーリーは、子供向けに創られた簡単で分かりやすいシナリオなので、家族で見るのにぴったりのファンタジー映画
でも子供向けすぎて、大人が見るとちょっと物足りないかも

2位は千と千尋の神隠し


2001年7月20日公開、スタジオジブリ制作のアニメ映画 監督は宮崎駿
興行収入は300億円を超え、日本歴代興行収入第1位を記録(2017年現在)
声の出演は、柊瑠美・入野自由・夏木マリ・内藤剛志・菅原文太など

もはや説明する必要もないほど有名な作品。
ジブリアニメの中では比較的、見やすくマイルドな作品なので大人から子供まで楽しく見れますよね。
何度も見ましたけど、大人になってから見ると、子供時代の純粋な時期を思い出して胸が熱くなります・・・

3位はシン・ゴジラ


2016年7月29日公開 
『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの日本製作のゴジラ映画
監督・脚本は庵野秀明

シン・ゴジラは2017年TV(地上波)初放送で話題となり、第3位に食い込みました。
(不祥事のあった小出恵介の出演シーンはカット)

過去のゴジラ映画に比べて、ゴジラの登場シーンは少なく、会議シーンがかなり多く感じました。
昔のゴジラ映画のような痛快な怪獣映画とは一線を画す内容、人を選ぶ映画
でも、CGは邦画の中ではレベルが高いので、一見の価値はあるでしょう