興行収入DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

SPONSORED LINKS

『キングスマン』興行収入1位!『スター・ウォーズ』2位へ!

f:id:yamadatakasi:20180107172048j:plain

2018年1月5日(金曜日) 公開の映画『キングスマン ゴールデン・サークル』が初日の興行収入1位スタート!

更に土曜日も興行収入1位をゲット!
2日連続で興行収入1位でした!

先週1位の『スター・ウォーズ最後のジェダイ』から首位強奪!

『キングスマン ゴールデン・サークル』は前作の興行収入が微妙だったので(日本では9.8億円)、前評判はあまり期待されていませんでしたが・・・
実際に上映されるとヒット! まさかスターウォーズを上回ると思いませんでした・・・!

ただ、『キングスマン』見た方の報告によると「前作の方が面白かった」「期待はずれだった」などの評価もあるので、今後の売上はどうなるのか分かりませんね!

一方、『スター・ウォーズ最後のジェダイ』は上映4週目にして初の首位陥落!
ネットでは「売り上げ落ちすぎ!」「最終興収100億以下になるかも?」など、急激な売上低下に驚きの声が上がりました。

前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は興行収入115億円でしたが、最終興収は前作を下回るかも!?
ちなみに、『フォースの覚醒』は公開5週目まで1位をキープしてました。

『キングスマン ゴールデン・サークル』作品紹介

『キングスマン ゴールデン・サークル』は世界的ヒットを記録したイギリス製スパイアクション「キングスマン」の続編。
主演のエガートンやマーリン役のマーク・ストロングら前作のキャストに加え、ステイツマンのメンバーにチャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス、ハル・ベリー、謎の組織ゴールデン・サークルのボスにジュリアン・ムーアら豪華キャストが新たに参加。

前作『キングスマン』は、U-NEXT、DTV、Amazonビデオなどで配信中です!

スポンサーリンク



1月6日(金曜日)興行収入ランキング

順位 作品名 販売数 座席数 回数 館数 先週比
1 キングスマン
ゴールデン
・サークル
67369 391107 1476 249
2 スター・ウォーズ
最後のジェダイ
51289 528163 2198 251 42.0%
3 妖怪ウォッチ
シャドウサイド
鬼王の復活
30832 229657 1072 243 52.8%
4 8年越しの花嫁
奇跡の実話
28836 222884 1168 232 57.0%
5 DESTINY
鎌倉ものがたり
25771 193996 1214 246 63.7%
6 未成年だけど
コドモじゃない
11224 131811 989 217 51.9%
7 オリエント
急行殺人事件
9350 89992 650 240 46.7%
8 仮面ライダー
平成ジェネレーションズ
FINAL
8026 91640 650 239 39.5%
9 嘘八百 6567 57707 301 58
10 鋼の錬金術師 3182 45520 337 239 39.8%

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→