興行収入DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

SPONSORED LINKS

【2018年1月】洋画の話題作3本を紹介!!

2018年1月に上映される邦画の話題作3本紹介!

キングスマン:ゴールデン・サークル

f:id:yamadatakasi:20171228150352j:plain
公開日  2018年1月5日
上映館数 371館

世界的ヒットを記録したイギリス製スパイアクション「キングスマン」の続編。
主演のエガートンやマーリン役のマーク・ストロングら前作キャストに加え、ステイツマンのメンバーにチャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス、ハル・ベリー、謎の組織ゴールデン・サークルのボスにジュリアン・ムーアら豪華キャストが新たに参加。
さらに、前作で死んだと思われていたコリン・ファース扮するエグジーの師ハリーも再登場!
前作に続き、「キック・アス」のマシュー・ボーンがメガホン!

あらすじ

イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が、謎の組織ゴールデン・サークルの攻撃を受けて壊滅!
残されたのは、一流エージェントに成長したエグジーと教官兼メカ担当のマーリンだけ。
2人は同盟関係にあるアメリカのスパイ機関ステイツマンに協力を求めるが、彼らは英国文化に強い影響を受けたキングスマンとは正反対の、コテコテにアメリカンなチームで・・・

パディントン2

f:id:yamadatakasi:20171228151332j:plain
公開日 2018年1月19日
上映館数 313館

クマちゃんが可愛いハートフルコメディ!
2017年制作のイギリス・フランスのファンタジー映画。
マイケル・ボンド原作の児童文学『くまのパディントン』を基にした映画『パディントン』の続編。
1958年に第1作が出版されて以降、世界40カ国以上で翻訳され、3500万部以上を売り上げるイギリスの児童文学「パディントン」シリーズの実写映画化第2弾。
イギリスの人気俳優ヒュー・グラントが、新たな敵役フェリックス・ブキャナンで出演。

あらすじ

ペルーのジャングルの奥地からはるばるイギリスのロンドンへやってきた、真っ赤な帽子をかぶった小さな熊のパディントン。
親切なブラウンさん一家とウィンザーガーデンで幸せに暮らし、今ではコミュニティの人気者。
大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日プレゼントを探していたパディントンは、グルーバーさんの骨董品屋でロンドンの街並みを再現した飛び出す絵本を見つけ、絵本を買うためパディントンは窓ふきなど人生初めてのアルバイトに精を出していた。
しかしある日、その絵本が何者かに盗まれてしまう事件が発生し、警察の手違いでパディントンが逮捕されてしまい・・・

スポンサーリンク



ダークタワー

f:id:yamadatakasi:20171228151216j:plain
公開日 2018年1月27日
上映館数 241館

スティーブン・キングが1970年代から30年もの歳月をかけて完成させたライフワークともいえる小説「ダークタワー」シリーズを実写映画化。
ローランド役を「マイティ・ソー」シリーズのイドリス・エルバ、ウォルター役を「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒーで出演。
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の脚本やアカデミー外国語映画賞にノミネートされた「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」で知られるニコライ・アーセルがメガホンをとる!

あらすじ

ニューヨークで暮らす少年ジェイクは不思議な夢に導かれ、時空を超越する荒廃した異世界に迷い込んでしまう。
現実世界と密接するその世界では、世界の支柱である「タワー」を巡り、タワーを守る拳銃使いの戦士=ガンスリンガーのローランドと世界の崩壊をもくろむ黒衣の男ウォルターが壮絶な戦いを繰り広げていた。