映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

『スター・ウォーズ』映画の興行収入ランキングTOP9!


『スター・ウォーズ』映画の興行収入をランキング化しました。
※2018年5月9日までの数字

『スター・ウォーズ』映画ランキング

順位 興行収入
(日本のみ)
タイトル 世界興収 公開年 公開された順番
1位 127.0億円 新1作目
エピソード1
ファントム・メナス
10.3億ドル 1999年 4作目
2位 116.3億円 続1作目
フォースの覚醒
20.7億ドル 2015年 7作目
3位 93.5億円 新2作目
エピソード2
クローンの攻撃
6.5億ドル 2002年 5作目
4位 91.7億円 新3作目
エピソード3
シスの復讐
8.5億ドル 2005年 6作目
5位 79.6億円 旧1作目
エピソード4
新たなる希望
7.8億ドル 1978年 1作目
6位 75.0億円 続2作目
最後のジェダイ
13.3億ドル 2017年 8作目
7位 67.6億円 旧3作目
エピソード6
ジェダイの帰還(復讐)
4.8億ドル 1983年 3作目
8位 58.1億円 旧2作目
エピソード5
帝国の逆襲
5.4億ドル 1980年 2作目
9位 46.3億円 スピンオフ作品
ローグ・ワン ・ストーリー
10.6億ドル 2016年
順位 興行収入
(日本のみ)
タイトル 世界興収 公開年 公開された順番

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→
スポンサーリンク



1位は『エピソード1 ファントム・メナス』

SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」3部作から16年を経て新たに描かれたシリーズ前章。
秘められたフォースの力を宿す少年アナキン・スカイウォーカーが、やがて銀河を震かんさせるダースベイダーになるまでの姿を描く3部作の第1部。
平和な惑星ナブーが銀河通商連合に襲撃され、その事件の調査に向かったジェダイ騎士のクワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービは、メカの不調で砂の惑星タトゥイーンに不時着する。そこで出会った9歳の少年アナキンに眠るフォースの力を感じ取ったクワイ=ガンは、アナキンをジェダイ騎士団に入団させようとするが……。

2位は『フォースの覚醒 』


2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されたSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。
オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に描かれる、新たな3部作の第1章。
伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーがいずこかへと姿を消し、帝国軍の残党「ファースト・オーダー」が台頭。レイア・オーガナ率いるレジスタンスが抵抗運動を続けているが、銀河には再び暗雲が立ち込めていた。

3位は『エピソード2 クローンの攻撃 』


ジョージ・ルーカスが壮大なスケールで描くSFシリーズ「スター・ウォーズ」新3部作の第2部。前作から10年後。
数百もの惑星に広がった分離主義運動によって共和国が混乱に陥る中、パドメ・アミダラ元老院議員の暗殺未遂事件が発生。
オビ=ワンのもとで修行を積んだアナキン・スカイウォーカーがアミダラの護衛を任されるが、2人はやがて禁断の恋に落ちていく。
後にダース・ベイダーへと転じるアナキン役は、「海辺の家」でも注目を集めた若手ヘイデン・クリステンセンを起用。