興行収入DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

SPONSORED LINKS

『未成年だけどコドモじゃない 』興行収入の予想は!?

f:id:yamadatakasi:20171221174235j:plain
中島健人 平祐奈 知念侑李、出演の映画『未成年だけどコドモじゃない 』の興行収入を予想!
2017年12月23日公開!
英勉が監督を務めます。

現在の興行収入はこちら
yamadatakasi.hatenadiary.jp

スポンサーリンク



興行収入の予想

最終興収 15億円
東宝の過去の12月の恋愛映画より興行収入が落ちるのでは無いかと推測します!

次に予想の理由を解説!

理由① 東宝の12月の恋愛映画は興収が良い!

東宝といえば毎年恒例、年末の12月に恋愛(スイーツ)映画を上映します!

↓こちらが最近の東宝の12月の恋愛映画のデータ↓

作品名 累計興収 上映年 上映スクリーン数
ぼくは明日、
昨日のきみとデートする
(小松菜奈)
18.1億 2017 306スクリーン
orange
(土屋太鳳)
32.5億 2016 303スクリーン
アオハライド
(本田翼)
19.0億 2015 295スクリーン
カノジョは
嘘を愛しすぎてる
(大原櫻子)
17.8億 2014 284スクリーン
今日、恋をはじめます
(武井咲)
17.7億 2013 301スクリーン

※はみ出した表は横にスクロールで見れます→

上の表を見ると、東宝の年末恋愛映画は興収17億円以上を安定して出してるのがわかります!
30億円出したorangeは規格外ですね・・・
なので今作も10億円以上は確実に出るでしょう!

スポンサーリンク



理由② 少女マンガの実写化は大コケ続き!

実は、ここ最近の少女マンガの実写映画化は大コケ続きなんです!

例えば、約1ヶ月前(11月26日)に公開された『覆面系ノイズ』は記録的な大コケ!
『覆面系ノイズ』の原作は『花とゆめ』(白泉社)で2013年から連載している少女マンガ。

上映数206スクリーン公開だったのですが、1週目は興収2100万円、ランキング15位という、散々な結果でした・・・
上映数206スクリーンの映画なら、普通は大コケしても1週目で興収5000万円は出ますからね・・・
『覆面系ノイズ』は記録的な大コケだったと言って良いでしょう。

他にも、約2ヶ月前(10月28日)に公開された『先生!、、、好きになってもいいですか?』
こちらも大コケに近い期待ハズレな売上!
『先生!』の原作は『別冊マーガレット』で1996年から2003年まで連載された少女マンガ。

上映数336スクリーン公開だったのですが最終興収5億円前後というイマイチな数字。

安定して売上を稼ぐ「生田斗真」と「広瀬すず」の2人が出演していた割に、物足りない数字でした・・・
この2人が出てるなら最終興収7億円くらい欲しかったですね・・・

このように最近の少女マンガの実写映画化は大コケ連発! なので今作の興行収入も心配ですね・・・

まとめ

東宝の年末の恋愛映画は安定して17~18億円以上だしてる
少女マンガの実写化は最近、大コケ続き。

この辺りの情報を考えると、『未成年だけどコドモじゃない 』は興収15億円くらいじゃないかな?と予想してみます!
原作ファンの皆さんはぜひ映画館で応援を!