DONDON!

フォロー、シェア、リンクは大歓迎です!

「スパイダーマン:ホームカミング」の興行収入は?ネットの評価や感想は?

f:id:yamadatakasi:20170905135428j:plain
「スパイダーマン:ホームカミング」全米で大ヒット!
日本では2017年8月11日に公開され、辛口のネット民からも「2010年代で最高のスパイダーマン」と評価。
ぜひ、見てみたい作品ですね。

前作の「アメイジングスパイダーマン」から一新されて新しいスパイダーマンのシリーズが始まり
マーベルの人気キャラクターのアイアンマンが出るなど見逃せない映画です。

今作は一体どんな内容なのでしょうか?
「スパイダーマン:ホームカミング」の興行収入とネットの評価や感想についてまとめました。


スポンサードリンク



初動の興行収入は

約7億7,000万円 
ランキング2位
累計動員50万6,929人(8月14日時点)
これは『アメイジング・スパイダーマン2(2014年)』の初日3日間の興収比148%というハイペースですね!

五週目の興行収入は?(9月4日まで)

累計 25億0767万5100円 
週末 9182万4600円 (動員7位)
 

六週目の興行収入は?(9月10日累計)

累計 26億3337万5500円 
週末 4666万1800円 (動員9位)
累計動員数 177万9863人
興収ランキング9位

七週目の興行収入は?(9月18日累計)

累計 27億0803万9900円
(土日興収 3138万3100円 )
興収ランキング12位

全米での興行収入

約3億650万ドルを記録
『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ(2012, 2014)の国内興行収入を上回る数字ですね。

全世界興行収入

興行収入7億200万ドル。

過去のスパイダーマンの興行収入

サム・ライミ版スパイダーマン
スパイダーマン(2002年)
興行収入 $821,708,551 大成功!

スパイダーマン2(2004年)
興行収入 $783,766,341 大成功!

スパイダーマン3(2007年)
興行収入 $890,871,626 大成功!

旧3部作は大成功して4~6作の製作を発表!
しかし、学生時代を描く作品にするため配給元のソニーが監督サム・ライミと主役のトビー・マグワイアを降板

アメイジング・スパイダーマン(2012年)やや成功 
興行収入 $752,216,557

アメイジング・スパイダーマン2(2014年)失敗 
興行収入 $708,982,323

アメイジング・スパイダーマン2の北米の興行収入が2億ドルと悪く、制作費を下回ってしまったので、
配給元のソニーはマーヴェル・スタジオと組んで新シリーズ スパイダーマン:ホームカミング(2017年) を製作


スポンサードリンク




ネットの評価や感想

ここ10年間で最高のスパイダーマン

ネットではかなり高評価で、2010年代では最高の出来のスパイダーマンと言われています。
基本的にはテンポ良くて見やすい内容で、ドラマ部分に意外性があって楽しかった。
コメディ部分も面白くて「スーツレディの今がキスのチャンスです!」は劇場のみんなが笑っていました(笑)

しかし、アクションは前シリーズの「アメイジング スパイダーマン」の方が良かったと言われます。
たしかにアクションは前の方が凄かったかも、ラストバトルも過去作に比べてちょっと物足りないかな?
でもトータルでは最高のスパイダーマンだった。ピーター頑張れ!って空気で劇場全体が包まれていました。

アイアンマンの出番は少ない

映画の予告CMやポスターではアイアンマンを前面に押し出してますけど、実際は思ったよりも出番が少ないです!
アイアンマン目当てに映画を見に行った方はガッカリするかも?
予告版で、アイアンマンとスパイダーマンが並んで飛んでる場面あったのですが、本編では一度もそんなシーンなかった?ように思います。

アイアンマンが出てくるのは予告のシーンや最後のシメとか一部でした。
トニー・スタークとしての出番もちょっと少ないですね・・・
むしろ、運転手で秘書のハッピー・ホーガンの方が多かったです(笑)

少ないセリフで高額なギャラ貰って美味しい!

前作のスパイダーマンシリーズは興行収入が悪かったので、今作はアイアンマンが出なかったらシリーズ打ち切りになってたかもしれません。
アイアンマンは特に中国で大人気らしいので、アジアでの興行収入を目当てにアイアンマンと共演させたのでしょう。


スポンサードリンク




シビルウォーの視聴はした方が良い

今回のスパイダーマンは面白かったです!
基本的には初めてスパイダーマンを見た人でも面白く見れるようになっています。

ですけど、映画を見る前に「アベンジャーズシリーズ」のストーリーについて、ある程度は知っておいた方が良いように思いました。
特に『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)』の映画はぜひ見ておいた方が良いです。
ストーリー的にはシビルウォーの後日談で、シビル・ウォーを見てないとわかりづらい設定や話もありました。

ちなみに時系列を説明すると、以下のような順番でストーリーが進んでます。
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)
『ドクター・ストレンジ』(2017年1月公開)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年5月公開)
『スパイダーマン/ホームカミング』(2017年8月公開)

マーヴェルの映画は作品同士のストーリーをリンクさせすぎて、単独の映画として見ても分からないネタが増えてきたように思います。
マーヴェル映画では色んなキャラクターを出しましたけど、人気が出たのは結局はアイアンマンくらい。
他のマーヴェルの映画は日本人になじみが少ないキャラクターが主役の映画が多くなって、ちょっとシリーズを追っていくのが大変ですよね。

他にもスパイダーマンについての基本的な知識とかすっとばしていきなり始まるので、スパイダーマンを全く知らない人はちょっと戸惑うかもしれません。
主人公のおじさんはもう亡くなっていて既にスパイダーマンとして活動してる状態から始まります。
スパイダーマンになったきっかけも一言で済ませてしまうんですよ。

MJはほとんど出番なし

MJといえば、過去のスパイダーマンの映画ではヒロインとしてよく出演していました。
主人公ピーターの思いを寄せる恋人で最初の3部作では重要なキャラでしたね。

しかしなんと!ホームカミングでのMJはただのクラスメイトという設定でした・・・
今回のMJはピーターが居残りの時に、自分は居残りじゃないのに教室にいたり、ピーターに隠れて付き添ってそっと思いを寄せているという控えめなキャラ。
ちょっと恋愛に不器用な子ですね。

今作では主人公が恋い焦がれるのはリズというキャラクター。
校内一の美人でピーター親しい上に、正体を知らずにスパイダーマンが好きだと公言してピーターを動揺させてました。
じゃあ、リズがヒロインなのか?
って言うと、そういうわけでもないようで、最後まで見るとMJを正ヒロインにする流れのように思います。