映画DONDON!

映画の興行収入をまとめていきます!最新ランキング、累計売上データの推移、動員数、最終興収の予想、などを集めて記事にします!

スポンサーリンク

「ポケモン2017映画」評価、 良い感想・悪いレビュー 実写映画、ネットの反応


2017年7月15日公開の映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の 良い感想・悪いレビューをまとめました!

スポンサーリンク



良い評価・感想・レビュー

何回も泣けるシーンがありハンカチ必須です。でもピカチュウが喋るシーンはいらなかったような、、まぁ面白かった
  

 ポケモンを知ってる人も知らない人もこの作品は感動できる場面がたくさんありました
先に言うとバトルのかっこよさとかそういうのを求めるのはお門違いです。
後、あまりこういう偏った考え方は良くないと思うのですが、涙を流すまではいかなくてもこの映画で感動の1つはするのがポケモンファンというものではないかと思います。 

ピカチュウもかわいい。
全体のストーリーは、今の子供には話が飛んでいてわからない部分があったかもしれない。
しかし大人世代から言わせていただくと間違いなく星5つだ。
スポンサーリンク



悪い評価・感想・レビュー

全体のストーリーについては、「詰め込みすぎ」という印象。というかこれがすべて。
アニメ無印の総集編として見るならば、きちんとポイントは抑えていたが、(ヒトカゲやバタフリー)ならばカスミタケシを出さなかった理由を明確にしてほしかった。
監督は過去の「remake」ではなく「refine」だとコメントしていたが、新ポケを出したいためのご都合主義に感じた。古株ファンとしては後付けでもいいからそこをもう少し描いて欲しかった。
 

 序盤のサトシとピカチュウの出会いのストーリーは、原作を知っている世代からすると、物足りなさを感じる。
原作では1話まるまる使って丁寧に描かれていたストーリーを映画の冒頭に詰め込んだのであるから、物足りないのは当然ではあろう。
それを目当てに劇場に足を運んだ人は、序盤がサクサク進みすぎては落胆した人も多いのではないだろうか。 

 思わせぶりに出てきたのに特に何もないエンテイ、ライコウ、スイクン。
登場→即退場を繰り返し、サトシ一行と最後まで顔を合わせることなく、話にも全く関わらないロケット団。
絆を育む暇もなく挿入されるバイバイバタフリー。
説明不足で意味不明のサトシ復活劇。肝心のホウオウとのバトルはカット…。

思い出せる限りで気になったのはこのあたりです。特にホウオウとのバトルがカットされたのは肩透かしにも程がありました。
全体的にやりたいことを詰め込みすぎた感があります。